ブラックリストになってしまう条件

ブラックリストに載ってしまうとお金を借り入れることが出来ない、クレジットカードの審査に落ちてしまうなどと言われていますが、実際にブラックリストというリストが存在するわけではありません。
ブラックリストに載るというのは、返済が一定期間以上遅れるなどした際に日本信用情報機構(JICC)、全国銀行個人信用情報センター、割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関(CIC)のデータベースに事故情報として登録された状態のことを指します。

どのくらいの期間返済を滞納すると事故情報として登録されてしまうのかというと、数日遅れただけですぐに登録されてしまうわけではありません。
督促の連絡などにも応じず、目安として3カ月以上滞納すると事故情報として登録されると言われています。
また、短い期間の滞納であっても回数を繰り返していると信用が無くなり、事故情報とされることもありますので注意しましょう。
更に滞納以外でも、任意整理や自己破産なども信用を失う行為として登録されます。

そして一度事故情報として登録されると5年間は情報が残り、お金を借り入れたりクレジットカードを作ることが出来なくなります。
5年間金融事故を起こさなかった場合には名前が抹消されますが、掲載歴は残ってしまいますので、その後のローンなどでも不利に影響してしまうことがあるかもしれません。

信用は一度失ってしまうと取り戻すのは大変困難です。
このような事態に陥らないためにも、しっかりと計画的に利用することが大切です。

アイコン消費者金融の借り換え徹底比較※金利セーブの達人