保証人が必要ないって本当?

お金を借りる際は担保や保証人が必要というイメージがありますが、カードローンは基本的に無担保無保証でお金を借り入れることが出来ます。
保証人などはお願いし辛いということもありますし、無担保無保証で融資を受けられるのは非常に嬉しいことなのですが、なぜ無担保無保証での融資が可能なのか、疑問に思う方も多いはずです。

実は、利用者の信用を担保にしてお金を融資しているのです。
ですので正確には無担保とは言えないかもしれませんが、目に見える担保では無く、消費者金融や銀行と利用者との信頼関係という目に見えないものを担保にしています。

このシステムは「信用貸し」と呼ばれていて、家などを担保にお金を借り入れた場合、返済が滞ると担保の家などを売却して返済に当てることとなりますが、
信用貸しのシステムの場合には売却出来る担保がありませんので、自分自身の信用を失ってしまうことになります。

つまり、返済が滞ったという事実が信用情報に残り、いわゆるブラックリストに載るという状態になってしまうのです。
個人の信用情報は全ての会社が共有していますので、一度信用を失うと他の会社からもしばらくの間は融資を受けることが出来なくなり、信用の回復にはかなりの時間を要します。
信用はとても重みのある担保なのだと考えることが出来ます。

カードローンは無担保無保証で借り入れることが出来ますが、自分自身の信用を失わないためにも、返済は遅れることなく確実に行うようにしましょう。

アイコン消費者金融の借り換え徹底比較※金利セーブの達人