借り換えをするタイミングで年収が下がっていても借り換えできますか

消費者金融や銀行からお金を借りる際には必ず審査というものがあり、借り換え時にももちろん審査があります。
そのため、年収も申告する必要があるのです。
借り換えをするタイミングで年収が下がっていても申し込むことは可能ですが、やや審査に通りにくいということはあるかもしれません。
銀行のカードローンやおまとめローンなどは総量規制の対象外ですので、年収の3分の1を超える額でも借り入れることが出来るのですが、年収が下がると、やはりその分返済能力が低くなったと判断されてしまうのです。
銀行も消費者金融も、返済能力が無いと判断した場合には貸し付けることが出来ません。
より審査に通りやすくするためには、年収が下がる前に借り換えを行うことがベストです。

とは言え、年収は思いがけず下がってしまうこともありますし、年収が下がったために借り換えの審査に落ちてしまうということもあるでしょう。
年収が下がり返済が難しくなったので、借り換えの申し込みをしたけれど審査に通らなかったというケースも考えられます。
ですが審査に落ちてしまったからと言って、全ての消費者金融や銀行で借り換えが出来ないということではありません。
それぞれの会社にそれぞれの審査基準があり、重要視するポイントにも差があります。
複数の会社に同時に申し込むことは信用の点からあまりおすすめ出来ませんが、少し時間をおいて違う会社に借り換えの申し込みをしてみましょう。

アイコン消費者金融の借り換え徹底比較※金利セーブの達人