債務整理とは?

お金を借り入れたら、毎月しっかりと返済していくことが何より大切ですが、借金がかさんで利息が膨らみ返済に困ってしまった時、条件次第では債務整理という債務者を救済する措置を適用してもらえることがあります。
まずは弁護士に相談しなければなりませんが、債務整理には任意整理、個人民事再生、特定調停、自己破産という4つの種類があります。
それぞれの特徴を簡単にご説明します。

・任意整理

法定金利で利息を計算しなおして借金を減額する方法です。
大幅に過払い金を取り戻すことが出来たり、場合によっては返済金額を0にすることが出来る可能性もありますが、
裁判所を通じて話し合いを行うわけでは無いため、法的拘束力はありません。

・個人民事再生

借金の総額を一定額まで減額する代わりに、原則3年間で全て分割で返済を行うという方法です。
裁判所を通して行うため交渉決裂の心配はありませんが、短期集中的に返済を行うため月々の支払額の負担はかなり大きなものとなります。

・特定調停

引直計算によって利息をカットし借金を減額する方法です。
任意整理と似ていますが、簡易裁判所を通して行うため法的拘束力があります。

・自己破産

裁判所に申し立てを行い、債務の責任を免除してもらう方法です。
借金を完全にリセットすることが出来ますが、家財などを没収されてしまいます。
返済に困った債務者にとって最後の手段とも言われています。

債務整理とひとことで言ってもこのような種類があり、それぞれに違いがあります。
お金を借り入れる前に知っておく必要はありますがこのような事態に陥らぬよう計画的に借り入れを行うようにしましょう。

アイコン消費者金融の借り換え徹底比較※金利セーブの達人