審査に落ちてしまったときの対応策

カードローンの審査は、何らかの理由で落ちてしまうということも考えられます。
そんな時には、まず思い当たる理由が無いか考えてみることが大切です。
他社からの借り入れ件数は多くないか、他社からの借り入れ総額は多くないか、過去に返済を滞納したことなどは無かったか、審査に落ちた理由というのは伝えられませんので、自分で考えてみましょう。
他社からの借り入れ件数が多い場合には1件でも減らすことが大切ですし他社からの借り入れ総額も出来る限り減らしておくと審査に通る確率は高くなるでしょう。

そして、特に思い当たる理由が無いという時には、別の消費者金融や銀行に申し込んでみてください。
お金を借り入れる際の審査内容は、年齢、職業、年収、他社借り入れの有無、他社からの借り入れ総額、滞納の有無など基本的には同じなのですが、
消費者金融や銀行によってそれぞれの重要視するポイントが異なることもあるのです。

ですから、A社の審査に落ちてしまうと全ての会社の審査を通過出来ないということは無く、A社の審査には落ちてしまったけれど、同じ条件でB社の審査には通過出来たということもあるのです。
一社の審査に落ちたからといって、全ての会社から借り入れることが出来ないというわけではありませんので安心してください。

ですが、審査に落ちた時のために、まとめて一度に複数の会社に申込みを行うというのはあまりオススメ出来ません。
2~3社程度であれば問題無いことが多いようですが、それ以上多くの会社に一度に申込みを行うと、複数社への同時申込みが理由で信用できない人物と判断されてしまうことがあるからです。

アイコン消費者金融の借り換え徹底比較※金利セーブの達人