専業主婦が消費者金融で借り換えを行うことは可能ですか

借り換えの際は複数の貸金業者からの借り入れを一本化する方が多く、大口の融資になるケースがほとんどです。
その為、パートやアルバイトなどで収入のある主婦の方であれば、総量規制に基づいて年収の3分の1までの額でしたら消費者金融での借り換えは可能です。
ですが専業主婦の方は基となる収入がありませんので、消費者金融で借り換えを行うことは難しいというのが現状です。

では収入の無い専業主婦の方は借り換えを行うことが出来ないのかと言うと、そうではありません。
総量規制の対象外である銀行カードローンでしたら配偶者の方に一定の収入があれば借り換え可能である場合がほとんどです。
借入限度額は銀行や配偶者の方の年収などによっても異なりますが、一般に消費者金融などに比べて高めに設定されているということも安心出来る点ですね。
配偶者の方への電話確認なども必要無いという銀行も少なくなく、ご主人に内緒で借り入れている、家族に知られたくないという方でも安心です。
また、明細書などもインターネットから確認するよう事前に申し込んでおけば、自宅に郵便物が届いて知られてしまうということもありません。

銀行カードローンは消費者金融からの借り入れに比べて審査がやや厳しいという印象がありますが、特別に厳しいということではありませんので安心してください。
過去に返済の滞納を繰り返していたり長期に渡る滞納などが無ければ審査に通ることが多いようです。

アイコン消費者金融の借り換え徹底比較※金利セーブの達人