必要な書類と申込条件について

借り換えの申し込みを行う際、必要となる書類は以下のとおりです。

・身分証明書

免許証やパスポート、健康保険証などです。
中でも公的機関によって発行された顔写真付きのものが一番良いとされていますので、運転免許をお持ちの方は運転免許証を身分証明書として使用されると良いでしょう。

運転免許証の住所変更をしていないという方も非常に多いようですが、免許証に記載されている住所と現在住んでいる住所が異なる場合には、
現在の住所が確認できる公共料金の請求書や領収書などが必要となりますので注意してください。

・収入証明書
  
源泉徴収や住民税課税証明書など、公的機関が発行している年収が確認できる証明書です。
自営業の方などの場合は確定申告書がこれに代わるものとなります。
以上の書類を揃えることが難しい場合には、数か月分の給与明細などで対応してくれる会社もあるようですので、確認してみましょう。

収入証明書はすべての場合において必要となるわけではありません。
消費者金融では借入額が50万円以上となる場合、または他社との合計借入額が100万円以上となる場合、銀行カードローンでは各社で基準が決まっており、100万円以上、または300万円以上となる場合には必要などというようになっています。

運転免許証や健康保険証などは普段から持ち合わせている方が多いかと思いますが、その他の証明書などは用意に日数がかかってしまうこともありますので必要書類をしっかりと確認し事前に準備しておくと安心ですね。

アイコン消費者金融の借り換え徹底比較※金利セーブの達人