消費者金融の借り換えのメリット・デメリット

借り換えには様々なメリットがあります。
まず、金利の低い消費者金融を選び低金利で借り換えることで、毎月の返済時の利息を軽減することが出来ます。
毎月の返済の負担が減るということは、トータルの返済額も減るということですね。

もともと複数の会社から借り入れているものを一本化する場合であれば、一社からまとめて借り入れることで低金利になるといったこともあるでしょう。
返済先が一社になれば管理も非常にしやすくなりますし、バラバラだった返済日を一度にまとめることが出来ますので、返済日を忘れてしまうといったトラブルなども防ぐことが出来ますね。

ですがメリットだけではなく、いくつかのデメリットもあるのです。
消費者金融には総量規制という決まりがありますので、年収の3分の1を超える借り入れは行うことが出来ません。
借り換えの時点で年収の3分の1を超えていれば、もうそれ以上は借り入れることが出来ないということなのです。
返済していくだけのローンになるということです。
また、低金利の消費者金融であっても、銀行のカードローンに比べると金利が高く設定されていますので慎重に選び、決めることが大切です。

更に、一般に消費者金融は銀行に比べて審査がやや甘いと言われていますが、借り換えの際はそれまでの返済に滞納が無いかどうかといった点もとても重要となります。
もし滞納が複数回あった、または長期に渡って滞納していたという場合などは審査に通ることが出来ないということもあるでしょう。
このようなメリットとデメリットを踏まえ、借り換えを行うようにしてくださいね。

アイコン消費者金融の借り換え徹底比較※金利セーブの達人