総量規制について

総量規制とは、消費者金融やクレジットカード会社が融資を行う際、個人の借入総額が年収等の3分の1までに制限される仕組みのことで、貸し過ぎや借り過ぎの防止策として貸金業法などにおいて定められているものです。
1社からの借入額ではなく借入総額を制限するものですので、複数の消費者金融やクレジットカード会社から借り入れる際は、その総額が年収等の3分の1まででなければなりません。

この総量規制を守るため、消費者金融やクレジットカード会社などは個人の信用情報を共有しているので、年収等を偽ることは出来ないのです。
銀行カードローンは総量規制の対象外です。

また、貸付けの契約には様々な種類のものがありますが、法人向けの貸付けや保証、個人向けの保証などは総量規制の対象外となり、対象となるのは個人向けの貸付けのみです。
個人向けの貸付けであっても、個人が事業用資金として借り入れる場合は、原則として総量規制の対象外となります。

更に総量規制には除外と例外となる貸付けがあり、除外とは総量規制の対象とならない貸付け、例外とは貸付けの残高としては算入しますが、年収の3分の1を超える場合でも超えた部分について返済する能力があるかどうかを判断した上で、貸付けが可能になるというものです。
除外となるのは、不動産購入や自動車購入等、目的がはっきりとしているローンなどの貸付け、高額医療費の貸付けなど、例外となるのは、緊急の医療費の貸付けなどです。

アイコン消費者金融の借り換え徹底比較※金利セーブの達人