返済が遅れてしまう場合

カードローンの返済には遅れないことが一番なのですが、止むを得ず遅れてしまうという場合には遅れるという事がわかった時点で出来る限り早く電話連絡をしておきましょう。
事前に連絡をしておけば金融機関から督促の連絡をもらう事もありませんし、連絡をせずに滞納してしまうよりは印象が良くなります。
そして入金することが出来る日にちを伝え、一日でも早く入金するようにしてください。

どうしてもすぐに返済出来ないという場合には、会社によっては少し期日を長めにとってくれるという事もあるでしょう。
ですがカードローンの返済の滞納中は、そのカードローンから新たにお金を借り入れる事は出来ませんので、いつまでに入金すればカードローンの利用が再開出来るかといった事も確認しておくと安心です。

一番してはいけない事は連絡をせずに滞納し、更に金融機関からの電話連絡を無視してしまう事です。
実際の督促の連絡というのは怖い取り立てのような事はありませんし、返済が遅れていますので入金してくださいという内容のものなのですが、
滞納しているという後ろめたさから電話に出るのが怖くなってしまうという方も多いようです。
そのまま電話連絡を無視し続けてしまうと、滞納している上に電話連絡にも出ない信用出来ない人物だと判断されてしまう事もあるでしょう。
ですので、返済に遅れてしまうという連絡は必ずこちらからするようにしてください。

また、数日間の滞納を一度しただけですぐにブラックリストに載ってしまうということはありませんが滞納はクセになってしまうこともありますので、期日を守りきちんと返済することが何より大切です。

アイコン消費者金融の借り換え徹底比較※金利セーブの達人