返済計画について

カードローンの返済方式は大きく分けて2つあります。
「残高スライド返済方式」と「定額リボルビング方式」というもので、支払い方式を自分で選択することが出来る場合もありますが、どちらか一方を採用していて選択することが出来ない会社も多いです。

「残高スライド返済方式」は、利用残高に応じて返済額も増減する方式です。
月々の返済により利用残高が減っていくと、毎月の返済額も減るということです。
返済額が少なくなると毎月の返済の負担は減りますが、その分返済期間が長くなってしまうというデメリットもあります。
「定額リボルビング方式」は、利用残高に関わらず返済額は常に一定になる方式です。
仮に100万円の借り入れで月々3万円の返済と契約した場合、借入残高が減少していっても毎月3万円の返済額は変わらず一定となります。

特に、残高スライド返済方式は採用している会社が多いですが月々の返済額を把握し辛いので、返済シュミレーションをしっかりと行っておくことが大切です。
また、まとまった収入があった月などに規定額以上の返済が出来る「追加返済」が可能な会社もあります。
追加返済を利用すると毎月の返済額を少なめになります。

ボーナスが出る月にまとめて返済し、返済期間を短くすることなども出来ますので追加返済が可能かどうかといった点も確認しておくと安心です。
このように様々な返済方法を理解した上で、無理の無い返済計画を立てるようにしましょう。