銀行カードローンが低金利で利用できる理由

銀行カードローンは消費者金融やクレジットカード会社のカードローンに比べ比較的低金利で利用することが出来ますが、その理由は銀行カードローンの仕組みにあります。

消費者金融やクレジットカード会社はまず銀行から融資を受け、そのお金を貸し付けます。
融資を受けた銀行に利息をつけて返済しなければならないので、その分利息を大きくつけて貸し付けなければ利益が出ません。
融資を受けた銀行へ返済する分と自社の利益分を足した額を利息として付けなければならないということです。

これに対し銀行はどこからも融資を受けずに預金という資金から貸し付けることが出来ますので、少ない利息でも利益を出すことが出来るのです。
つまり、低金利で貸し付けることが出来るということです。

また、銀行カードローンは総量規制の対象外であるため、消費者金融やクレジットカード会社のカードローンに比べて借入限度額が高めに設定されているということも理由のひとつでしょう。
金利が低くても、高額の融資が多ければその分銀行に支払われる利息も増え、利益が増えますよね。
一人当たりの融資額が多い分、低金利での貸付けが可能になっているというわけです。

借り換えの際は
高額融資になるケースも多いですので、低金利であることはとても嬉しいポイントですね。
消費者金融などに比べて審査がやや厳しく時間がかかるといった点もありますが、いつも使い慣れている金融機関だと安心と感じる方も多いようです。

アイコン消費者金融の借り換え徹底比較※金利セーブの達人