銀行カードローンと消費者金融の違い

銀行カードローンと消費者金融はどちらもお金を借りるものですが、一番の大きな違いは貸金業法により定められている総量規制の対象であるか、そうでないかという点でしょう。
総量規制の対象で年収等の3分の1を超える借り入れが出来ない消費者金融に対し、銀行法という法律で決まりが定められている銀行カードローンは総量規制の対象外となっています。

そのため、収入の無い専業主婦の方は元となる年収がゼロということになりますので消費者金融からは借り入れが出来ないのですが、年収等による制限が無い銀行カードローンであれば借り入れが出来るということなのです。
金利は銀行カードローンが低く、消費者金融は高くなっています。
実際の融資限度額は借り入れる人の収入、他社からの借り入れ状況や返済状況などにより決定されるものですが、会社が定める融資限度額は一般的に銀行カードローンが大きく、消費者金融は小さく設定されています。

また、銀行は普段から利用するという理由から初めてでも安心して借りることが出来るという声も多いですが、その分消費者金融に比べて審査がやや厳しいというケースもあるようです。
ですが近年は消費者金融であってもしっかりと審査を行う会社が増え、この審査基準の差は小さくなっていると言えるでしょう。
更に、審査スピードに関しても以前は消費者金融が圧倒的に早かったのですが、最近では銀行カードローンの審査もかなりスピーディーになっており、両者ほとんど差が無いと言って良いでしょう。

アイコン消費者金融の借り換え徹底比較※金利セーブの達人