銀行カードローンの審査は厳しいですか?

銀行カードローンは消費者金融などに比べて金利も低く、使い慣れている銀行だと安心感があると人気ですが、総量規制の対象外であり借入限度額が高く設定されている分審査がやや厳しいというのも事実です。
ですが審査の項目は消費者金融などとほぼ変わらず年齢や年収、勤務先や勤続年数、そして過去の滞納履歴などです。

正社員でなければ借り入れることが出来ない、年収がいくら以上でなければ借り入れることが出来ないというような決まりは無く、全体を通してきちんと返済できる能力があるのかどうかといったことを慎重に判断されるといった印象です。
銀行によっては他社からの借入件数を重要視するケースがありますので、複数社からの借り入れを一本化する場合は借り換えの前に一社でも少なくしておいた方が良いという意見もあるようです。

ただ、以前は審査がかなり甘かった消費者金融も最近は審査がやや厳しくなってきていると言われていますので、銀行カードローンの審査とさほど大きな差は無いでしょう。
審査基準がやや甘いとされている消費者金融でも、安定した収入が無ければ借り入れることは出来ませんし、虚偽の申告や過去に滞納履歴などがあれば返済能力が無いと判断されてしまいます。

どちらにしても、毎月の安定した収入、過去に滞納などをしていない、虚偽の申告をしないという点が最も重要です。
きちんと返済してくれる信頼出来る人物だと判断されることが何より大切です。

アイコン消費者金融の借り換え徹底比較※金利セーブの達人